福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

2012/2/8 Wed.

a0248834_147375.jpg


雪、また。

義母の病院つきそいだったが
夫の車で義母は先に病院へ。
私はあとで行った。

途中、滑ってハンドルをとられ
ガードレールにぶつかって止まった。
もしガードレールがなければ川までまっ逆さま。

何より、義母をのせていなくて本当によかった。

車は左前バンパーとライト損傷。でも。
体が無事だったことに感謝。
[PR]
Commented by ももの母 at 2012-02-08 19:49 x
ハルさん、車の損傷だけで本当によかったです。
自分で安全運転していても、急にハンドルをとられてしまうときがありますね。
朝日新聞の「会津物語」面白いですよねぇ~
読みながら「へぇ~~本当にきつねに化かされてたんだぁ」って、
でも、なぜか憎めないきつねなんですよね。
「本当にあった不思議な話」楽しみです。
Commented by オリオリ at 2012-02-09 08:20 x
本当に物損だけで怪我がなくてよかったですね。
一夜あけましたがその後体の痛みはないですか?
義母とハルさんの事故の話をしたら
義弟も他県で事故った時、あやうく川に車に落ちそうになった時
この世のものでない大きな腕に抱きよせられ命拾いした話を
聞かせてくれました。
キツネでなくとも世のなかには説明のつかない
不思議な出来事があるんだなぁと思いました。
うちの御本尊さまは火事になんども会い両手がありません。
きっとその仏様の手だと義母は熱心に話してくれました。

Commented by haru_rara at 2012-02-09 09:04
☆ももちゃんのお母さん

ご心配くださってありがとうございます。
義母が待っているので早く行かなくてはという気持ちもありました。
夫には「あんなところで考えられないな」と言われ少々ムッときましたが、運転だけに集中していたかと言われるとそうではなかったような気がします。
本当に車だけでよかったです。

朝日、ご覧になってくださっているのですねー^^
先日伺った「老人学級」でも、キツネの話やこの世のものと思えないものを見た、というお話をたくさん聞かせていただきました。
昔の人はそういう不思議な存在を感じるセンサーが働いていたということかもしれないな、とも思います。
またご覧いただいた感想などお聞かせいただけたら嬉しいです(^^*
Commented by haru_rara at 2012-02-09 09:05
☆オリオリさん

ご心配くださって、ありがとうございます。
体はなんともないので、本当によかったです。有り難いことです。
今回は「もう駄目だ」とどこかさめた感覚で、滑っていく車の中の自分を感じていたんですよ。必死でありながら、同時に状況に身を委ねる感覚、というのはちょっと不思議ですね。
低いガードレールに救われたわけですが、そこには見えない力が働いてくださっていたのでしょう。

義弟さん、ご無事でよかったですね。守られていたのですね。
仏様の長い手は民を救うため、と聞いたことがありますが、ご本尊さまの手はまさに義弟さんを救い上げてくださったのですね。お義母さまの信じるお心が尊いですね(^^*
Commented by julia at 2012-02-09 19:46 x
ドキドキでしたね。助かって良かったですね!守られましたね。
よくご無事で。。@@

Commented by haru_rara at 2012-02-09 21:13
☆ julia さん

ありがとうございます、おかげさまで守られました。
毎年、気をつけていてもちょっと怖い思いは何度かするのですが
今回は特に…感謝です(^^*
Commented at 2012-02-09 21:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2012-02-10 10:15
☆鍵コメさん

ありがとうございます。そうですね、義父が助けてくれたのですね。じいちゃんには報告してなかったのですが、ちゃんとお礼を言わなくては。義母が同乗していなかったことも、偶然と思っていましたが、義父が守ってくれたのですね。教えてくださってありがとうございます。
鍵コメさん、大変な思いをなさったのですね。どんなに怖い思いをなさったことでしょうか。私も以前はその付近に住んでおりましたが、冬は特に怖かったですね。
ほんとうに、家族が無事で暮らせることが一番だと思います。今冬はいつまでも寒さと雪が続きますね。一緒に春を待ちましょう(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2012-02-08 14:11 | 2月 | Comments(8)