福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

2012/12/6 Thu.

a0248834_20523191.jpg


雨。

若い友人が古い「山帯」を見せてくれた。
あちらの着物から こちらの野良着から
集まって ひとつになって
なんて美しい。
いとおしい 手の仕事。

※ 「山帯」―古い布を裂いて織った「裂き織り」の細巾の帯。
昔は野良着の上からこの帯をしめて仕事をした。
「これを締めると腰がみっちりしていい」という。これは85才の女性が使っていたもの。

夜、雪になる。

[PR]
Commented by souichinoyume at 2012-12-07 16:06
こんにちは。
野良着を着ていても、そこは女性。つつましいながらもお洒落を楽しむ。
私の家も昔は農家でした。
祖母のもんぺ姿をうっすらと覚えています。
‘山帯”たしかにいとおしいですね。
Commented by harunoyokihi06 at 2012-12-07 20:45
地震揺れたでしょう?
こっちも結構怖かったです。

とっても素敵な帯ですね。
これをしめると温かかったでしょうね。
Commented by haru_rara at 2012-12-07 22:30
☆souichinoyume さん
こんばんは。
おばあさまが畑仕事をなさっておられたのですね。
もんぺ、絣とか縞だったでしょうか。
袖口の裏に明るい色が使われていたり、野良着にもお洒落ごころがこめられていて、そんな古いものを見ると「いとおしいなあ」と思います。
この「山帯」、若いひとに譲られて、喜んでいるように見えました(^^*
Commented by haru_rara at 2012-12-07 22:39
☆momoさん
そちらも揺れましたか。ご無事でなによりです。
ちょっと気持ち悪い揺れ方でしたね。
義母と一緒にいてよかった、と思いました。

裂き織りの帯、素朴で味わいのあるものでしたよ。
これを譲り受けた若い友人は、持ち主だったおばあさんに教わったとおり、腰にぐるぐる巻いた上から前掛けをしてました。とてもあったかそうでした(^^*

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2012-12-06 21:01 | 12月 | Comments(4)