絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

2013/3/25 Mon. 「絵ろうそく」


a0248834_951597.jpg


くもり 夕方、小雨。 夜、雪。 朝6時0℃。

遠くへ行く友人に
会津の思い出を贈る。

絵ろうそく。会津木綿のマグネット。温泉水で作った石けん。

ちいさいものばかり。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-26 10:25
小さいけれど温かいものばかり^^。
Commented by さと at 2013-03-26 17:45 x
会津は温かい・・・
ハルさんはもっと温かい・・・
伝わってきてる・・・わたしにも温かいが。
Commented by poirier_AAA at 2013-03-26 20:00
絵蝋燭は会津にたくさんあるのですか?

ふっと「赤い蝋燭と人魚」を思い出してしまいました。
Commented by haru_rara at 2013-03-26 20:20
☆佐平次さん
小さな箱にいろいろ詰めて送りました。素朴なぬくもり、伝わるといいなあ(^^*
Commented by haru_rara at 2013-03-26 20:36
☆さとさん
派手なところのない、そっと佇むような手仕事。温かさを感じますよね。
あ、わたしは常温でございます(^^*
Commented by haru_rara at 2013-03-26 20:38
☆梨の木さん
絵蝋燭、ブログで以前ご紹介したことがあるのですが、会津ならではの工芸品なんですよ。雪の深い会津では、お花のかわりに絵蝋燭を仏壇にお供えする風習があるのです。いろんな花が描かれているんですよ。会津は漆器の産地なので、樹液から漆を、実から蝋燭を作ってきたんですね。
「赤い蝋燭と人魚」、あの物語には悲しい、怖い印象があります。今、読んだらわかりませんけれど。そういえば、ある宗派では赤く塗った蝋燭を仏壇にあげるそうですよ(^^*
Commented at 2013-03-27 00:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2013-03-27 08:44
☆鍵コメさん
あ、この言葉をいつも心掛けていたいと思っております^^/
会津の起き上がり小法師、ありましたか。復興のシンボルとしてもあちこちで活躍しているようですね。
絵ろうそくは素朴な絵つけですが、いくつか絵ろうそく屋さんがあって、それぞれに味わい深いんですよ。経木の花は、たしか福島県内でもどこかの地域で作っていたような記憶があります。雪国の人の優しさ、慎ましさ、強さが偲ばれますね(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2013-03-25 23:50 | 3月 | Comments(8)