福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

2013/4/9 Tue. 「芽が出た!」

a0248834_8271438.jpg


晴れ。朝6時-2℃。日中、暖かい。

ばあちゃんの病院へ。
検査の予定時刻がずいぶん遅れた。

「あーあーもう はあ よっぱだ
やめんべ ほんにうそこきでやだくなる」

おいおい ばあちゃんよ
その元気ならさすけねー

下駄箱の上に少しだけ水の入った器
びっくり!芽が出た!

※ 「よっぱ」―飽き飽き、くたびれた
 「さすけね」―大丈夫

夜、雨になる。

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-10 10:18
さすけねー、差支えないなんでしょうかね。
昔の仲間のイントネーションも丸めた背中も懐かしく浮かんできました。
芽が出ておめでとう^^。
Commented by julia at 2013-04-10 16:03 x
「うそこきでやだくなる」って、
「もーやだ~」って感じですか??
Commented by haru_rara at 2013-04-10 16:17
☆佐平次さん
差し支えない、から来ているのでしょうね、きっと。
「ねっか、さすけね」とか言うのです。この「ねっか」は何なんだか、明確に定義できません。「まったく」、かなあ。土地の言葉って、そういうものなんでしょうね^^
佐平次さんの昔のお仲間、今はどうしていらっしゃるのでしょう。
光に誘われるように芽が出てお目出度い季節の到来です(^^♪
Commented by haru_rara at 2013-04-10 16:24
☆julia さん
「うそこきでやだくなる」=「うそつきでいやになる」ですね^^
ウチのばあちゃんは時間に厳しくて待てない人なので、予定時刻を過ぎても「何時に検査しますよ」とはっきり伝えられないことがモーレツに腹立たしかったようです。救急も入ったりして遅れたわけで、別にウソついたわけじゃないんですけどね^^
だからね、ばあちゃんが「いつでもいい」って言うことは、今、即!という意味です。気ぜわしくてヨメだって「やだくなる」ときもたびたび(^^/
Commented by hanamomo06 at 2013-04-10 16:41
こんにちは。
一週間とはいえ病院通いはたいへんですね。
『さすけね』・・・ちび八重ちゃんから教えてもらって好きになった言葉です。
よっぱだ・・・・・これはこちらでは使わないのでおもしろい。

年をとると時間に、厳しくなりますね。
お義母さんは若いころからかな?
病院の時間も変更変更で嫌になりますね、お気持ちもわかります。
早く済ませたいのですよね、どうぞお大事に。
秘密の場所に今年も妖精を見つけましたよ(*-*)
Commented by haru_rara at 2013-04-10 22:07
☆momoさん
こんにちは。
病院は車で1時間ぐらいのところなのですが、道路に雪はないし、日が長くなって帰りも明るいし、気が楽なんですよ。
「さすけね」そうでしたね、ちび八重ちゃんが上手につかってましたね^^「よっぱ」も面白いでしょう。そちらではこれにあたる言葉、なんて言うのかな。
義母はもともと「気ィもみ」なんですが、歳と共にもう「待ったなし」になってきましたねえ^^;普段の病院も、予約時間より相当早く行ってないとダメだし、ひとりでは動けないのでよけいにいらいらするみたいです。
秘密の場所の妖精、拝見しましたよ!こちらと同じ、薄紫ですね。可憐な姿、まさに「春の妖精」ですね(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2013-04-09 23:26 | 4月 | Comments(6)