福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

2013/6/10 Mon. 「からむしの布」

a0248834_176438.jpg


晴れ。

赤ちゃんに会った
まっすぐな目にみつめられて
どきどきする

ふと また織りたくなったよ
草のような 光のような 空のような
何の飾りもない ただそこに在るだけの
一枚の布
[PR]
Commented by haru123fu at 2013-06-10 18:10
ハルさん、ステキな詩ですね。優しくて、穏やかで、心がぽあぽあと温もってきます。
Commented by haru_rara at 2013-06-10 20:23
☆haruさん
ありがとうございます^^
優しく穏やかとは、思ってもみなかった感想をいただいてびっくり。嬉しいです(^^*
Commented by saheizi-inokori at 2013-06-10 21:41
無心になって作っているうちにそういう心境になるのかな。
赤ちゃんの心に向き合っているような。
Commented by hanamomo06 at 2013-06-10 22:01
きっときれいな織物ができますね。

工人まつり お疲れ様。
haruさんの心地よい疲れが伝わってくるような。
いつか私も行ってみたいな。
Commented by haru_rara at 2013-06-10 22:57
☆佐平次さん
おまつりでたくさんのモノを一度に見たあとだったからでしょうか、赤ちゃんのシンプルな姿が強く印象にのこりました。
無心になりたいです(^^*
Commented by haru_rara at 2013-06-10 23:03
☆momo さん
色も形も生まれたてのような、きれいなものが、今、見たいなあって。
工人まつり、何はともあれ無事に終ってよかったです。
さすがに疲れました、でも翌日に疲れが出たからまだ若いほうでしょうか~(^^*
Commented at 2013-06-16 03:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2013-06-16 22:07
☆鍵コメさん
こんにちは。別冊もご覧くださってありがとうございました。
元々、「山歩路」のほうが本家で、こちらが別冊だったのですが。あれこれ気が多くてどれも中途半端な人生です^^;
畑は主に義母がやっていまして、ヨメはただの記録係。汗を流してはおりません^^
もともと都会育ちの軟弱者です。伝統的な織物を学びに来て、そのまま居ついてしまったのですが、その織物も冬の手遊び程度なのですよ。

鍵コメさんの丹精こめられた野菜を待っている方がいらっしゃるのですね。素晴らしいことですね。私も義母の野菜を食べたら、これまで食べてきたものとこんなに味わいが違うものかとびっくりしました。
リンク、ありがとうございます。私ものちほど伺わせていただきますね(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2013-06-10 17:08 | 6月 | Comments(8)