絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

2013/9/23 Mon. 「お中日」


a0248834_23423424.jpg


晴れ 朝6時16℃ お彼岸のお中日

お団子、おはぎ、天ぷら
ほとけさまにお供えして
お客さまをお迎えして
お中日のいつもの風景。

今日はムラ中静かです。
山仕事はお休み。

午後はまたダンボールで織ものに夢中。
草も織りこんで
楽しい壁飾りができました。

※ 裂き織に織り込んだ草―エノコログサ、ヒメクグ
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-09-24 11:04
草の活け花、素敵です。
お彼岸には人を訪ねてはいけないという地方があるのですね。
会津も?長野もそうだったのかな。
Commented by haru_rara at 2013-09-24 15:13
☆佐平次さん
お彼岸には人を訪ねてはいけない。そうなんですか。見舞いには行くなよ、彼岸なんだから、って義母に言われましたが。
こちらでは親戚同士、「線香立て」に歩くんですよ。そこで茶まんじゅうの天ぷらなんかごっつぉになりながら昔話に花がさいたりして(^^*
Commented by haru123fu at 2013-09-24 20:11
やはりそちらは、歴史が古いだけ色々な風習があるのですね。
北海道は、大雑把で、お墓参りに行くぐらいで。。。
そのお墓参りも、墓を相続している私自身はなかなか行けません。
今日は一日病院ですごしていました。
子どものときから、お盆とお彼岸の墓参りだけは欠かしたことが
ありませんでしたが、こんな身体になるとダメですね。(笑)
Commented by hanamomo06 at 2013-09-24 20:42
昨日は朝から忙しくて、今日は休息日でした。
haruさんも忙しかったでしょう。
行事が一つ終わると何となくほっとしますね。

草も織り込んだ咲き織り、きれいですね。
私も今日信号待ちをしていたら足元にペンペン草が咲いていてめんこいなあ~と思いました。

線香たて・・・・・秋田にもその風習があるようです。
お彼岸など仏事の日は あちらの人に引っ張られると言って訪問が嫌われますね。
Commented by haru_rara at 2013-09-24 22:47
☆haruさん
こちらでは、お彼岸にお墓参りをする風習がないんですよ。お盆はお参りする日が決まっているのですが。
雪になる前に一度、お参りしてきれいにしてきます。
今日は一日病院で過ごされたのですね。お疲れになったことでしょう。
haruさんのお住まいのところは、こちらより早く寒くなるでしょうね。今冬はあんまり雪が降らず、あんまり寒くないといいですねえ。
どうぞお大事になさってくださいね(^^*
Commented by haru_rara at 2013-09-24 23:05
☆momoさん
momoさんのおはぎの美しさにためいきが出ましたよ^^
彼岸からお帰りの方々も此岸のひとたちも、みなさん喜ばれたことでしょうね。
お盆が過ぎればまもなく秋彼岸、彼岸が明けると少しほっとしますね。
ご先祖の仏壇のない新宅はよそを訪ねていくだけなのですが、家にほとけさまのいる本家では、いらっしゃる方々をお迎えしなければなりません。夫が線香たてに歩いている間に、親戚が次々線香たてにいらっしゃって、「今どこ、早く帰ってきて~」なんて携帯に電話したり^^

>お彼岸など仏事の日は あちらの人に引っ張られると言って訪問が嫌われますね。

そうなんですか。佐平次さんのコメントにもあって、知らなかったので驚きました。

秋の小さな草、めごいですよね。ヒメクグはヒゲのような葉を落として織り込んでみました(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2013-09-23 23:52 | 9月 | Comments(6)