絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

2013/11/14 Thu. 「Blue」


a0248834_2245954.jpg


晴れ 朝6時1℃

すばらしい青空!

いいものをいただきました。
友人の子どもたちが使ったチビ鉛筆。
好きな青をいっぱい!

へえ!
今はPRUSSIAN BLUE って書いてある。
それにVERMILION

私の子どもの頃は
「あお」「あか」だったんだよ。
[PR]
Commented by Chiko at 2013-11-15 09:10 x
ハルさん こんにちは♪
わたしも「あか、あお、みどり」組です。^^
以前こちらのクレヨン社crayola が新しい色の名前を公表したときに凄くぴったりな名前だなぁ~と感動したのを思い出しました。
「Robin's Egg Blue」Robinはコマツグミ、あの綺麗なブルーの卵の色です。

ほかにも駄じゃれのきいた面白い名前がたくさんあって楽しい思い出です、どうもありがとう。
Commented by saheizi-inokori at 2013-11-15 11:33
子供の頃の色鉛筆よりもきれいな色が多いような気がします。
Commented by haru_rara at 2013-11-15 12:25
☆Chikoさん
こんにちは♪
今の小学生がどんな文具を使っているのか、なかなか知る機会がないので、今回はちょっとした驚きでした。そうか~「あか・あお・みどり」組じゃないのねえ、って^^
「Robin's Egg Blue」―素敵な名前ですね!
日本でも「萌黄」「茄子紺」「利休茶」等々、昔から使われている色の呼び名がありますよね。そういう名前をつけた色鉛筆も話題になりました。
駄じゃれのきいた面白い名前というのも楽しいですね。
色の名前って、お国柄、土地柄が伝わるようで興味がつきません(^^♪
Commented by haru_rara at 2013-11-15 12:35
☆佐平次さん
たしかに今の色鉛筆って微妙な色合いのものもあって発色も美しいですね。
おとなになってから憧れの100色の舶来色鉛筆をバーゲンで買いました。が、持っているだけで、ほとんど使ってません(^^*
Commented by green-field-souko at 2013-11-15 16:17
ハルさん、こんにちは^^

油絵具とか、パステルとか、色鉛筆とか、カラーインクとか、リキテックスとか、
好きなブルーをバラ売りで少しずつ買い足していた学生時代を思い出しました。

数年前の誕生日にもらったドイツ製100色の色鉛筆、わたしも削ったきりです。
もったいなくて使えない。時々、箱を開けて眺めては、そっと蓋を閉めています。
日本の伝統色の繊細で微妙なトーン、
四季の彩りから生まれたような名前や付けたひとの感性も、大好きです。

昔ながらの「赤青鉛筆」、現場で毎日、使っていました。

ハルさんと同じことが嬉しくて、あははは、書き連ねてしまいました。

先日の話。
昭和村や田島へ行くのに、道に迷い、どうやら32号線や401号線を
ぐるぐる廻ってしまったようです。
いや、いくらなんでも3時間はかからないでしょ…と(笑)
でも、そのぶん、それはそれは見事な紅葉を見ることができました。
雨だったので街なかは薄暗かったのに、山へ入ると、
紅葉の赤や黄をうつして、山路全体がパーッと明るく華やいでいました。
紅葉で、気持ちが浮き立つなんて初めて!
自然の色がいちばん美しいなあ、と思ったことでした^^
Commented by haru_rara at 2013-11-15 21:49
☆草子さん
こんばんは^^
草子さんも絵を描くことがお好きなんですね。そしてブルー好き^^
どんな絵を描かれるのかなあ。
私は100色の色鉛筆、使いこなせないんですよ。私のはブルー系だけで14色、グリーンは16色、この程度の絵日記には不向きですよね(笑)
日本の伝統色の名前は、四季の移ろいの美しい国ならでは。私も大好きです。
昔ながらの「赤青鉛筆」ですが、これがちょっと驚いたのです。
もらったものが赤しか削ってなかったので不思議に思ったら、友人が「最近はどっちか片方しか使わない。反対側の尖がった芯が危ないから」と教えてくれました。
ということは、いずれはこのダブルでお徳な^^色鉛筆、小学校では使われなくなるのかなあ。ちょっとさびしいです。

昭和村、田島方面へお越しだったのですね。
あいにくの雨も、かえって山の紅葉の鮮やかさが引き立って趣き深い旅となったでしょうか。
奥会津も植生が様々ですが、広葉樹の多い地域の紅葉はやはり見事ですねえ。
よい時間を過されて何よりでした(^^*
Commented by カタナンケ at 2013-11-16 17:58 x
プロイセンのブルー?
(いまの バルト海沿岸あたり、、とありました)
すてきなブルーだわ?
Commented by hanamomo06 at 2013-11-16 20:34
危ないから片方しか削らない赤青色鉛筆・・・・・・ちょっとさびしいですね。
自己採点の時の必需品でした。
鉛筆のにおい、紙の匂い・・・・・友人で苦手という人がいるけれど、私は大好きです。
Commented by haru_rara at 2013-11-16 22:41
☆カタナンケさん
プルシャンブルー、この顔料が発見されたプロシアから名前をとったようですね。初めて調べました^^
日本名では紺青。「青」と聞いてイメージする色って、私は明るい空をすぐ思い浮かべますが、紺青はそれより暗いですね(^^*
Commented by haru_rara at 2013-11-16 22:54
☆momoさん
尖がった先が危ない。あたりまえのことですが、ちょっとびっくりしてしまいました。
なにか事故が起きたのかなとも思いますが、そうなってくるとこういうものはいつか消えていくことになるのでしょうね。
鉛筆の匂い、紙の匂い。そうですか、苦手な人もいるんですね。
私も大好きですよ。文房具の楽しさって、格別ですよね(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2013-11-14 22:10 | 11月 | Comments(10)