絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧
カレンダー

2014/1/28 Tue. 「ねこはんてん」


a0248834_23403868.jpg


晴れ 夜、雪 朝6時-11℃

寒い台所で
「ねこはんてん」が
ふんわり 背中をあたためてくれました。

衿から続く布紐に袖を通すので
とっても軽い
古い絹の着物地にわたを入れて
裏は赤

信州に伝わる
軽くて温かい手仕事です。
以前、義母にも縫っていただきました。
布地も仕立ても美しい。

※ 今朝は今冬一番の冷え込みでした。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2014-01-28 23:53
知らなかったなあ、いいですね。
赤の裏がおしゃれです。
Commented by maco at 2014-01-29 00:34 x
ねこって寝る子でしょうか?
古い絹の着物地は銘仙でしょうか?
名前も形も可愛いですね。
フィンランドの屋内はセントラルヒーティングで建物ごと暖かいので、 Tシャツでいられる位室温も高いのですが、私が住んでいるエリアはすぐ側が海のせいか海風がいつも強く吹いていて、夜はちょっと薄ら寒い時もあるんです。
こんなはんてんがあるといいなーと思いました。
Commented at 2014-01-29 08:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2014-01-29 10:05
☆左平次さん
どうも南信のほうで作られてきたもののようです。
軽いのがいいんですね。毎朝起きるとこれを背負って、寝るまで忘れているくらいです。
これはお針の上手な、そしてセンスのいいかたの手になるもので、義母にもらったものも素敵でした(^^*
Commented by haru_rara at 2014-01-29 10:14
☆macoさん
「ねこ」は「ねんねこ」から来たもののようです。響きが愛らしいですよね。
銘仙かもしれません、着物に疎いのでわからないのですが。色が出ませんでしたが、とてもきれいな茄子紺にちょっと東南アジア風の小さな絣模様です。
フィンランドはさすがに暖房設備が整っているのですね。そうでなくては、極寒の地では大変ですものね。
これは袖が自由になるのでとても軽くて、でも背中から腰まで暖かく、昔の女性の知恵に感心します(^^*
Commented by haru_rara at 2014-01-29 10:28
☆鍵コメさん
ただいまかえりました^^
あはは、猫をおぶっている図、実は私も最初、呼び名を聞いたときはおなじことを想像して笑いましたよ。猫好きですものね^^
機能的で、布選びに女性ならではの楽しみもあって、冬の手仕事がここにもまたひとつ、と嬉しいことです。

うちの父はとてつもなく不器用なひとなのですが、ひとの助けを素直に喜ばない頑固さが年と共に増してきてヤレヤレ、と。ストーブの薪はもう無理、と言ったのはよほどのこと。ちょっと返事ができませんでした。
だいじなひとの木。悩みますよねえ。雪が消えはじめたら、木が教えてくれるかもしれませんね(^^*
Commented by カタナンケ at 2014-01-29 11:21 x
わたしも 猫を おんぶ、、みたいな想像を
してしまいましたよ〜  あはは、、
面白く機能的な形状で感心しましたよ〜
布あそびをして アートな ねこはんてん、、
すてきだわ〜
Commented by hanamomo06 at 2014-01-29 22:04
楽しい形の半天ですね。
秋田は寒いから袖のついたものを子どもの頃は来ていました。
祖母の手作りで『どんぶく』というんです。
年齢に応じてかわいい柄がたくさんありました。
Commented by haru_rara at 2014-01-31 09:45
☆カタナンケさん
猫をおんぶ、って想像しますよねえ^^
簡単なデザインですが、身につけてみると実に機能的でよく考えられているなと思います。
布を選ぶのがまた楽しい時間でしょうね(^^*
Commented by haru_rara at 2014-01-31 10:08
☆momoさん
楽しいでしょう。これ、なかなかよくできているのですよ。
秋田は寒いのでしょうね。『どんぶく』―会津でも綿入れのことを昔のひとはそう呼んでいますよ。普通の綿入れ半纏よりちょっと丈が長いのかな、形と呼び名は地域によっても違うようですが。
子ども用のどんぶく、可愛いでしょうねえ。
この「ねこはんてん」よりもっと短くて、ほんとに背中だけ温めるものが会津にもあって、割烹前掛けの開いた背中にしょっていたそうです。「ねこ」と呼んでいたんですって。
信州でも、ねこはんてんは重ね着として使われていたようです。
寒いところにはなにか共通するものがあって嬉しくなりますね(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2014-01-28 23:45 | 1月 | Comments(10)