絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

2014/3/6 Thu. 「啓蟄」


a0248834_992329.jpg


雪 時々吹雪く 朝6時-4℃

時々辺りが
まっしろになる
吹雪いて寒い一日

2階の窓をあけると
遠くの山から
たくさんの足跡

あとすこし
あとすこし

今日は啓蟄
[PR]
Commented by YuccaR at 2014-03-07 09:34
啓蟄。好きな言葉です。子どもの頃でも春になりかけの安心感を感じたのです。
今はあまり季節感が乏しいので、haruさんの絵で奥会津の雪の中から春を待つ気持ちをお裾分けしていただいて味わっています。
Commented by saheizi-inokori at 2014-03-07 11:02
昔ならかんじきで歩いたのでしょう。
きゅっきゅっ、下を向いてひたすら歩く姿を想います。
Commented by team-osubachi2 at 2014-03-07 13:53 x
こんにちは。
あれはハルさんがO荘にいらっしゃる前のことだったと思いますが、
雨上がりで少しなま暖かかった深夜に友だちと飲んでタクシー帰り。
E駅前で降りて帰宅途中、ちょうど街灯と街灯の間の暗い道で、
後ろからタッタッタと走ってきた人が私を追い越しざまに
(現代死語で言うなら)破廉恥極まりない男子に遭遇したのでした。
見た瞬間にむき出しのお尻を傘で殴りつけたあと、
駅(交番もありますしね)まで引き返し、
(その男子も道なりだったのでしょう、トボトボと歩いて私と離れて歩いて帰宅したようでした)、
ごく短距離でしたがタクシーを拾い直して帰宅し、
暦を見たらば「啓蟄」の文字。
思わず吹き出して、妙に納得したような気がした晩でした。
でも、今思えばごく大人しい見せたいだけの「虫」で
本当によかったなあ〜と思っています。
おかしなコトを思い出してコメントしちゃって失礼しました。
Commented by haru_rara at 2014-03-07 23:32
☆YuccaR さん
啓蟄という言葉の意味を教えてもらったとき、すごく感心しました。私は虫愛ずる子どもだったので、もうあちこちから喜んで出てくる小さな虫たちの表情まで目に見えるようで。「啓」と書いて「ひらく」とよむ名前の人もいたので、とても印象に残ったものです。
こちらはここ数日寒く、吹雪いて、とても虫の出られるような状況ではないですが^^でも、春を待ちわびる気持はいいものですね(^^*
Commented by haru_rara at 2014-03-07 23:36
☆佐平次さん
このところの雪でまたカンジキをはいて雪を踏んで道を均しています。
カタ雪渡りができるにはまだ少し先ですね。晴れて雪がどんどん締まって、歩いても沈まないんですよね。
あー春よ、早く、こい(^^♪
Commented by haru_rara at 2014-03-07 23:44
☆Tomokoさん
あはは、春が兆す頃、いろんな「虫」が出てきますよねえ。
しかし。傘で殴りつけたという、その勇気ある行いに脱帽です^^ 
E駅からO荘までの道、交番、タクシー。一気に風景がよみがえりました。
もうずいぶん長いことあの界隈を訪ねていませんが、変わったのかなあ(^^*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2014-03-06 23:08 | 3月 | Comments(6)