福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

「ほおずき」

a0248834_20020102.jpg


雨 朝6時19℃

夜、義母の敬老祝いをしました

栗入りお赤飯
棒鱈の甘露煮
えごもこしらえて
乾杯!

ほおずきは
さかさにならねえまじないだ
と義母


※ さかさにならねえまじない・・・逆さというのは、子が親より先に亡くなること。
                ほおずきがなぜそのおまじないになるのかは不明。







[PR]
Commented at 2016-09-27 15:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2016-09-27 16:11
☆鍵コメさん
やはりそうですか。逆縁にならないように、という意味なのですね。
茎にそって一列になるほおずきが、順番に色づいていくのになぞらえたのですね。
教えてくださってありがとうございます。
鬼の提灯、と書くのもどこか風情があっていいなあと思います。
Commented at 2016-09-27 18:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2016-09-27 23:02
☆鍵コメさん
義母のことをお気にかけてくださってありがとうございます。
90歳と半年過ぎたバアは、今も毎日、家のすぐそばの畑に行きますよ。
でも、以前のようにはできなくなって、最近はもっぱら息子の監督です。
「オレがいないとこの家は野菜を食うことができない」と言っているのが、いいなあと思っています。
キュウリも、昔に比べたら楽になりました^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2016-09-18 20:01 | 9月 | Comments(4)