絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧
カレンダー

「山のむかご」


a0248834_21494648.jpg


晴れ 朝6時18℃ 暑かった

バアの指令により
草とりやら
大量枝豆の保存やら
味噌だって
ホントは土用に
かんまぜとくんだが
いつまでもオレを
あてにはしてらんねぇんだぞ
明日もわかんねぇだから
って

あーあーはいはい
ほいほい

山行くか って
トーチャン
連れ出してくれて
サンキュ




[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2016-10-02 22:02
そう言いながら元気なんですね。
私も明日どうなるかもしれないと思っています。
Commented by haru_rara at 2016-10-02 22:20
☆佐平次さん
病院の待合室で、「もうヨッパ(飽き飽きするほど)生きた」とご老人同士がしゃべっているのを聞くと可笑しくて^^
でも、バアはこのところ急に老いが加速してきて。
わが家の司令塔ですから、弱ってくるのを見るのは心細いものですね。
Commented by fusk-en25 at 2016-10-03 00:17
おお。むかご。悔しい。
今年はベランダものはぜーんぶなりが悪くて。。。食べられそうもない。
まるで胡麻みたいな小さなのが蔓にぶら下がっています。
数だけはあるんだけど。。。笑。
Commented by jarippe at 2016-10-03 06:10
おじゃまします
いつも黙って拝見し感心感動しています
真似して〝ときどき絵日記”としてやってみています
かいてみればとても真似のできることではないと
しみじみ思いながらせめて今年一年は続けてみようと・・・・・
日々のお暮しもようも伝わってきます
有り難うございます
Commented by haru_rara at 2016-10-03 15:44
☆fuskさん
わが家の畑のむかごも、いつもより小さめ、しかも少ないんですよ。
山に自生しているこちらは大きい実がたくさんなっていてびっくりしました。
でも、何年か前にむかごを料理したら、家族は「こんなもの食ったことない」^^;
いくらでも野菜が採れるからでしょうか。
Commented by haru_rara at 2016-10-03 15:56
☆jarippeさん
いつもおいでくださってありがとうございます。
この絵日記は飽きっぽい私には珍しく5年目となりました。
毎年同じ時期に同じようなことを書いていて変わり映えしませんが
変わらぬ日常が一番ありがたいことですね。

お邪魔いたしましたが、長野でいらっしゃるのですね。
懐かしい場所もあって嬉しくなりました。
絵も拝見したいです♪
Commented by fusk-en25 at 2016-10-03 18:45
「ヤマ」の芋って言う筈。
畑やベランダでは育ちにくいよ。。ってヤマノイモが言ってる?
今年無くなってしまいましたが。
大阪の実家の庭は荒れるに任せて野にかえり?大きなムカゴがなってました。
Commented by haru_rara at 2016-10-04 10:30
☆fuskさん
なるほど、「ヤマの芋」だからですね!
ムカゴを見つけると嬉しくなります。秋は描きたいモチーフ満載です。
Commented by stanislowski at 2016-10-04 20:38 x
ばあちゃん、よっぽど急いでだんだべ。
「かんまがして」って言う懐かしい言葉にそんな様子が見受けられました。

いつだったかマスターのところでハルさんを見てうれしくなりました。
私もお茶しにいきたいな。秋の山は深そうですね。
Commented by haru_rara at 2016-10-04 22:24
☆stanislowskiさん
おいでくださってありがとうございます。

秋の気配が濃くなってくると、色々と気がもめるんですねえ、お百姓のバアは。
隙あらば怠けようとしてるヨメは気が抜けません。
「おかあさんがいないとこの家はなんにもわかんないのよ」と励ましております^^

紅葉はこれからですが、広葉樹の多い「ふるさとの村」の秋はそれは美しいのです。
マスターの新そばもいただきに行かなくちゃ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2016-10-02 21:53 | 10月 | Comments(10)