福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

「上出来」

a0248834_22244821.jpg


1月3日(火)晴れ一時雪 朝6時4℃

年取りに作った
えご
うまい うまいと
バアに大好評

「おめぇ上手だ」と
ほめられたけど
腕じゃなくて
えごが良かったんだよ
でも とても嬉しいです

えご草という海藻が
乾燥されて売っています
洗って天日に干すと
白っぽくなるので
ゴミも取りやすい

水を加えて火にかけ
トロトロになるまで練って
器に流し固める

わさびじょうゆでいただきます



[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-04 23:42
あけましておめでとうございます。
毎日の絵日記、今年も楽しみです。
この「えご」は寒天というかゼリーというか海の香りたっぷりな食べ物でしょうか?
義母の出が千葉県銚子なのですが、そこで「かいそう(海藻?)」と言っている食べ物に似ているような気がします。
一種類だけでなくいろいろな(たぶん)海藻が固められていて、ネギの小口切りと鰹節にお醤油をかけて食べるんですよ。
銚子は漁港なのでたぶん獲り立ての海藻を煮るのだと思いますが、山深い会津では乾燥させた海藻を煮て食べるのかとすごく興味深いです。
新年早々、長々とすみません。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by haru_rara at 2017-01-05 11:01
☆そらいろさん
あけましておめでとうございます。

えご、そうですそうです、寒天というかゼリーというか海の香りたっぷりな食べ物です。
千葉にも似ているものがあるのですね。
海のない奥会津は新潟と縁が深く、色々な影響も受けていると思います。
新潟の海岸沿いのお店でえごを頼んだら、銅鍋で煮た美しい緑色のえごでした。
確かからし醤油だったかな。長野のある地方では酢醤油だと聞きました。
結構いい値段なので、普段は作りません。お盆や正月、お彼岸、お葬式など特別な行事のときにだけ出すものですね。
面白いことに私の住む小さな町でも、川をはさんで片側だけの地域で食べられているんですよ。
千葉の「かいそう」もいただいてみたいです。

いつもお越しくださってありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2017-01-03 22:24 | 1月 | Comments(2)