福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

「節分に」

a0248834_13253871.jpg


2月3日(金)雪 朝6時-1℃ 節分

ちょっと
気落ちしていたら
思いがけない
メールが届いた


「坂村真民の詩はいいなあ

咲くも無心
散るも無心
花は嘆かず
今を生きる」


無心になれない
わたしにも
こんなにやさしい
風が吹いて



[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-02-05 19:35
生け花は哀しみを表せない。。なんて若い頃は思ったことがありました。
花に哀しみなんて。。そんな必要はないのに。。ね。
Commented by haru_rara at 2017-02-06 22:52
☆fuskさん
あ、それは私もまったく同じことを思ったことがあります。
先日、テレビで見たことですが。
ある伝統あるいけばなの流派の方が、「花のいのちを大切にしている」というようなことを言ったのですが。
その流派では、葉っぱに針金を差し込んだり、枝に釘を打ったりして、そういうことはOKなんです。
私はいけばなの世界はまったく未知なので受け取り方が間違っているのかもしれませんが
ああこれは私は好きじゃない、と思いました。

でも。そんなことも、花にはまったく関係ないことなのかもしれません。
ただ、そこにあって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2017-02-03 21:24 | 2月 | Comments(2)