福島県奥会津の山村より  「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル

「忘れな草」



a0248834_22224353.jpg



5月9日(火)晴れ 朝6時8℃

夕方近く
町の公民館に出かけた
建物の前を
ぐるりと囲むプランターに
いっぱいの忘れなぐさ

誰がしてくださったんでしょう

嬉しくて
明日の朝 また見に来ようと思います




[PR]
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-05-09 23:37
今 ガレージの端っこにワスレナグサだけの鉢をひと鉢置いてます。
満開です。
去年の零れ種で増えました。
強い花で毎年零れ種で増えています。
星野道夫のエッセイに「ワスレナグサ」という素敵なエッセイがあります。
大好きな文章です。
Commented by fusk-en25 at 2017-05-09 23:55
想像しても素敵な光景。
こちらにはおそらく園芸種だったのが宿根して半野生化した勿忘草を見たりします。
野原や花壇の脇に。またその自然な様がいい感じで。。
Commented by haru_rara at 2017-05-10 12:38
☆PochiPochiさん
こぼれ種で増えるのですよね。我が家にもほしいなあ。
ここに花があったら、と思うところが埋め立てたところで、
土が固く栄養もなくて、何を蒔いても育たないのですが。
鉢に蒔いてみようかな。

星野道夫のエッセイ、読んでみますね。教えてくださってありがとうございます♪
Commented by haru_rara at 2017-05-10 12:42
☆fuskさん
そこは毎年、ベゴニアとかパンジーとかで、それも可愛かったのですが
今年の一面ブルーにはっとしました。ほんとにきれいで。
勿忘草って、気取らなくて可憐な花ですよねえ。
そうだ、私も蒔こう♪
Commented by Hana3131H at 2017-05-10 20:12
こちらも蕾がたくさん見えてもうすぐ咲きそうです。本当に好きな花です。残念なのは濃い青色が少なくなったこと、でも淡い青色は元気で嬉しい。
今頃の季節、散歩するのが楽しみです。鳥のさえずり、花々の優しさ。
今日、haruさんの「ひよっこ」と澄子さんと豊子さんの話を書きました。前にもお話していましたが、よろしくね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-05-10 20:20
秋ぐらいから新芽が出だし、そのまま冬を越します。
寒さで葉がやられてしまうる可能性もありますが、
根は土の中に残っているようです。暖かくなってくるとともに、
きれいな若葉が出てきてそのうちに花芽が出てきます。
植え替えるのが面倒でなかったら、一度埋めもどすか植え替えをすると
さらに株は大きくなるようです。
ぜひタネを蒔いてください。
毎年必ず咲きますから。
星野道夫のエッセイは「旅をする木」の中にありあります。
極寒落ちアラスカに咲くワスレナグサについて書かれています。
この本の中のエッセイはどのエッセイも心に残ります。
ぜひ読んでください。
Commented by haru_rara at 2017-05-10 20:49
☆Hanaさん
そちらはこれからなんですね。
そうですよね、私も昔の勿忘草はもっと青が濃かったような?と思っていました。
でも、淡い青もいいですね。ほんにめごい花だ(笑)

今、拝見して感激しました。ありがとうございました!
土地の言葉だけで書くブログ、っていうのも素敵だろうなあ。
あ、翻訳が必要な言葉もいっぱいありますよね。
私にはできない、憧れです。
今朝のひよっこ、「走れトロイカ」はこちらにやってくる移動販売車が流す曲です♪
Commented by haru_rara at 2017-05-10 21:03
☆PochiPochiさん
ありがとうございます、育って、株が大きくなって、増えていったら、嬉しいですねえ。
蒔いてみますね。
農家は庭が作業場なので、花壇はほんの猫の額ですが、小さくても好きな花を楽しみたいです。

星野道夫のエッセイ、図書館に行ってみます。楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2017-05-09 22:24 | 5月 | Comments(8)