絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

「また織りたくなった」


a0248834_21024682.jpg



5月10日(水)小雨のちくもり 朝6時12.5℃

手織りのコースターを
置いてもらっているところで
また織ってくださいと言われて
とても嬉しかった

あと2枚でした 
残っているのは
買ってくださって
ありがとう

新しいはたがきたら
また織ろう

新しいはたはお古ですが
この夏にも届きます






[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-05-12 00:12
次はどんな縦糸にしようか?と
すでに楽しんでいるのですね。。
Commented by hanamomo08 at 2017-05-12 10:27
haruさんが機を手放した時 なぜか私一抹の寂しさを覚えたのです。
また夏になったらやってくるのですね、よかったな~。
Commented by haru_rara at 2017-05-12 13:17
☆fuskさん
ちょっとお休みしている間にイメージが湧いて。
こういうの作ろうって考えているときが一番楽しいのかもしれませんね^^
Commented by haru_rara at 2017-05-12 13:22
☆momoさん
手織りの布を見ると気持ちが動いて、やっぱりやりたいんだなって。
好きなことって、何度離れてもまた戻ってくるのでしょうね。
ありがとうございます。
Commented at 2017-05-13 06:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru_rara at 2017-05-14 10:12
☆鍵コメさん
そうなんですね、あのときはもう進退窮まった、という感じで(今思えば大げさですが)。
手荒なことをしてしまった罪悪感みたいなものもありますが
あのときはどうしてもそうせずにはいられなかったので、仕方なかったなと。
織りをやめたかったわけではないんだな、というのが、機を手放してよくわかりました。

新しい機は、母が少しの間使っていたものなんですよ。
といっても、母も趣味の範囲で、簡易織り機というか、いわゆる木製の機ではないんです。
願っていたものとは違うもので、また中途半端になってしまうなあ、とも思ったのですが。
片付けたいけど捨てられないという母の気持ちを大事にする意味で、もらうことにしました。
どんな道具も、使われて初めて幸せになるんですものね。
私も新しい機で幸せになります(なんの宣言)^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2017-05-10 21:02 | 5月 | Comments(6)