絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

「すす払い」


a0248834_17212208.jpg





12月18日(月)くもりのち晴れ 小雪舞う 朝6時-3℃

今日は大安で日がいいので
神棚のすす払いをしました

わがやの神様の家は
古くて大きい
大きな私がそっくり上がってしまえるほど
神棚も広いのです

居間の大掃除もすませ
清々しい気持です

暮れの仕事がひとつ終りました


[PR]
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-12-18 20:39
もういつお正月がきても大丈夫ですね。
着々と準備が進んでいますね。

大きな神棚なんですか?
Commented by haru_rara at 2017-12-18 21:00
☆PochiPochiさん
いえいえ、まだまだやらなくちゃいけないことがあるのですが。
でも、寒いので怠ける方向で考えています(笑

神棚、大きいほうだと思います。
Commented by saheizi-inokori at 2017-12-18 22:16
凄い神棚、仏壇も大きいの?
畳の表を替えるのなんて、今はどうしているのですか。
じつは我が家には仏壇はあれども神棚はないのです。
急に気になりだしました。
Commented by fusk-en25 at 2017-12-19 00:26
実家にいた頃。
大晦日に神棚を掃除するのは子供の頃から私の仕事でした。
7つあったお社をバラして中を覗けるのが嬉しかった。
どれにもなーにも入ってない。紙だけ。。。

ちなみにお守りの中を開けてみるのも好きでした。
これも紙だけや。。と思ってた。
祖母は神社の出なんですけど。。笑。
Commented by haru_rara at 2017-12-19 10:43
☆佐平次さん
神棚、昔は囲炉裏があったので煤でまっ黒なのですが、それが雰囲気があってなかなかです。
仏壇は大きくないんですよ。
神棚と仏壇の両方があるというのはこの辺りでは当たり前なのですが、来た頃はとても不思議な感じがしたものです。
畳の表は昨年替えたのでおそらくこのままずうっといくのだろうと^^
Commented by haru_rara at 2017-12-19 10:48
☆fuskさん
そうですか、こちらでは神棚に触れるのは男なんですよ。
女性が神棚に上がるなんて普通はないことなのですが、我が家ではどういうわけか義母から私へと受け継がれました。
神棚の塩で自分を清めてから上がるものだと言われていたことを今年は忘れました^^
私は神社仏閣に縁がなくて、こちらに来てから色々知りました。
年取り、山参り、小正月、節分等々、神様関連の行事がこれから続きます。
Commented by hanamomo08 at 2017-12-19 11:02
ひとつずつ年末の行事が片付いていくとほっとしますね。
立派な神棚ですね。
我が家にはないのです。
夫の祖母の考えで粗末にするくらいならなくてもいいよと言ってくれたのです。(明治の人なのにさばけた人でした)
家を作ったとき大工さんが神棚を置く場所だけは作ってくれて、杉の木で作った小さな鳥居を置いてくれました。
今はそこにだるまさんを置いているだけなのです。
だからharuさんの家のような古い神棚を見ると憧れます。
Commented by haru_rara at 2017-12-19 12:24
☆momoさん
カレンダーを見ながら12月もあっというまにここまできてしまったなあと驚いています。

実家には神棚はないのでそれが普通だと思っていたのですが、こちらに来たら神棚のない家がないのでびっくりしました。
毎朝、お水とごはんを上げ、毎月1日には夫が(以前は義母が)上がっている塩を家の周りなどに撒いて清めます。

おばあさまのおっしゃることはよくわかります。
義母も、神様にごはん上げ申したのか、などといつも気にしているんですよ。
でも、momoさんだったらちゃんとお世話なさるでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2017-12-18 17:23 | 12月 | Comments(8)