絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

「誠実なひと」


a0248834_21465811.jpg





9月5日(水)どしゃ降りの雨のち晴れ 朝6時26℃ 暑い

夕飯の支度をすませ
夕方からの
前川喜平さん講演会に行った

立ち見の人もたくさん
ステージ下に座布団も敷いて
会場の熱気が嬉しい
こんなに集まるなんて!

未来に希望をもとう
あきらめずにいこう
そう思えた

行けてよかった


※元文部科学事務次官の前川さんは、退官後、厚木市と福島市で自主夜間中学の講師として活動しています。
講演では「私を呼んでくださる人たちはどうもアベさんが嫌いらしい。アベさんがいなくなったら私もね。アベと共に去りぬ」と笑わせました。  



[PR]
Commented by jarippe at 2018-09-07 10:50
前川さんのお話しお聞きしたいです
私も〝あ”の方きらいですから 是非お聞きしたいです
日本の未来をゆだねる若者たちが
前川さんの教えを受けた若者に未来を切り開いて行ってほしいです
前川さんの柔らかな表情物ごしに眼差しに優しさや温かさがにじみ出ていますね
Commented by slow33jp at 2018-09-07 11:16
前川さんの講演一度聞いてみたい!
いつもステキな絵日記と文字にほんわかとしています。
Commented by stanislowski at 2018-09-07 15:36
昭和村の兄ィも行ったようです。
私も東の空に思いを馳せています。
ここにいる若い人に未来を託し、凝り固まった澱んだ自分はいつでも引っ込められるよう清清しく毎日を過ごしたいです。
姉さんもお健やかでありますように。
Commented by haru_rara at 2018-09-07 15:49
☆jarippeさん
前川さんは、やわらかな、平易な言葉でたんたんとお話されました。
でもその内容は、権力に一極集中していく恐ろしさ、教育やマスコミさえも政治の支配を受けている現実、子どもたちの未来を危惧する厳しいものでした。
主体的に生きてゆく子どもを育てる側の、私たち大人が流されず自分で考え、主体的に生きることを選ばねばならないという言葉が心に響きました。

講演ばっかりしているわけにはいかないんですが、と笑っておられましたが、全国各地でお話されているそうですよ。
そちらでもきっと機会があることでしょうね。
Commented by haru_rara at 2018-09-07 15:54
☆slow33jpさん
こんにちは。いつもご覧くださってありがとうございます。

楽しいブログを書かれていらして、これから伺わせていただきますね♪

前川さんのお話、とても力をいただきました。
機会がありましたらぜひおでかけになってみてくださいね。
Commented by haru_rara at 2018-09-07 16:06
☆stanislowskiさん
「昭和村の兄ィ」ご夫妻、会場でお見かけしましたよ^^

保守的で旧態依然としたものをなかなか変えられない難しさを感じることの多い日常ですが、あきらめず、一歩ずつ進もうと思いましたよ。
平日の夕方から夜にかけてで、若いお母さんたちはなかなか出かけにくい時間でしたから、見回すとほぼ中高年でしたが。
狭い地域でこれだけの「No」を感じている人たちがいることを知って、励まされる思いでした。
清々しい大人でありたいと、私も思います。
共に♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2018-09-05 22:01 | 9月 | Comments(6)