絵日記日和 haru59.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

福島県奥会津の山村で「今日のよかったこと」を毎日描いています。 (新潮文庫『マイブック』にボールペン・色鉛筆)


by ハル
画像一覧

「短歌」


a0248834_21452305.jpg





11月2日(金)晴れ 朝6時7℃

短歌らしきものをはじめて三ヶ月

本棚の整理をしていて
ふと開いた頁に
奥村晃作さん(当時81歳)が出ていて
びっくりした
この雑誌の出た一年前は
短歌などまったく
関心がなかったのだから


ボールペンはミツビシがよくミツビシのボールペン買ひに文具店に行く

カンニング許すまじ生徒怪しきは走り行き横にいつまでも立つ

答案をあらしの如く採点す×(ばつ)だけ付けて次々めくる

「ロッカーを蹴るなら人の顔蹴れ」と生徒にさとす「ロッカーは蹴るな」

居ても居なくてもいい人間は居なくてはならないのだと一喝したり


いいなあ!


真面目過ぎる「過ぎる」部分が駄目ならむ真面目自体(そのもの)はそれで佳(よ)しとして


そうそうわたしも



[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2018-11-02 22:17
先生!その立ち姿が迫ってきます。
はるさんの歌もね。
Commented by haru_rara at 2018-11-02 22:28
☆佐平次さん
長野は飯田の生まれだそうです。先生だったのですね。
なんというのか、まっすぐに熱い感じがユーモラスでもあり、好きです。
「どこまでが空かと思い 結局は 地上スレスレまで空である」という作品もあります。

最後の「真面目・・・」は奥村さんの歌です^^
Commented by fusk-en25 at 2018-11-03 04:41
地上すれすれの空っていいですね。
うふふ。
カンニングをやったことがありますよ。
高三の3学期。クラス全員が一緒に卒業しようと。
クラス中で組織して?
監督の先生もきっとわかっていて見逃してくれたのだろうと思います。
Commented by haru_rara at 2018-11-03 08:54
☆fuskさん
「地上スレスレの空」、いいですよねえ。
ご本人の大真面目さがかえって笑いを誘うのかもしれませんが、こんな歌もありましたよ。

「イヌネコと蔑(なみ)して言ふがイヌネコは一生無所有の生を完(まつた)うす」

クラス全員が一緒に卒業しよう、いいですね。仲のいいクラスだったのですね。
成功したんですね^^
Commented by pallet-sorairo at 2018-11-03 09:01
奥村晃作さん、知りませんでした。
この立ち位置、ほんとにいいですね。
「どこまでが空かと思い 結局は 地上スレスレまで空である」
sorairoとしてはこの短歌も見逃せません(^^ゞ
ご紹介ありがとう!
Commented by saheizi-inokori at 2018-11-03 10:44
違う違う、はるさんの歌を載せて!
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-11-03 12:06
私も、奥村晃作さんを知りませんでした。
真面目すぎるの歌、いいですね。
母が短歌をしていたから興味はありますが、自分では詠めない。
いつかと思うのですが…。
haruさんは一歩前に踏み出したのですね。
頑張って!
いつかここに載せてくださいね。
Commented by haru_rara at 2018-11-03 12:18
☆そらいろさん
この歌人の「ロッカーを蹴るなら・・・」を以前どこかで読んで、その半端でない熱量にノックアウトされましたが、生徒思いの熱い先生だったのでしょうね。
空つながりで、こんな歌もありました。

「少年が引き連れて冬の夜の空の星を見に行く家族四人で」

親子を詠った作品もいいです^^
Commented by haru_rara at 2018-11-03 12:21
☆佐平次さん
あ、そうだったのですね!
では一首。
「よき歌とつまらぬ歌の区別すらいいえそもそも歌であるかも」

こんな現状でありますゆえ、ご勘弁を(^^;
Commented by haru_rara at 2018-11-03 12:45
☆PochiPochiさん
人に勧められて覗いた短歌の世界ですが、なんにもわからないまま、五、七、五、七、七、と指折りつつやっております^^
奥村さんは80歳を過ぎてとてもお元気で、ツイッターもやっていらっしゃるんですよ。
こんな歌も。

「結局は一人ぼっちのボクだから顔ぶら下げてそのままに行け」

楽しいことをはじめるのに遅すぎるということもないだろうと、私もがんばってみようと思っています。
ご披露はまだまだ(^^;
Commented by hanamomo60 at 2018-11-03 22:34
奥村晃作さんの歌好きです。
とても勇気付けられます!
ギターも上手いようですね。
Commented by haru_rara at 2018-11-04 05:50
☆momoさん
奥村晃作さん、私も好きです。
「ただごと歌」として、見たまま、感じたままに詠う、というのは、実はとても難しいことだと思います。
この方も毎日、規則正しい生活をしていらっしゃるそうですね。
ギターを弾くというのもかっこいい!

「船虫の無数の足が一斉に動きて船虫のからだを運ぶ」

この歌も好きです、なんだかうれしくなってしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haru_rara | 2018-11-02 21:54 | 11月 | Comments(12)